消耗説(擦切れ説)

 本来、細胞が生きていくために必要なものが、長年にわたって徐々に消耗し、量的あるいは質的にある一定の限度を下回ったところで、細胞が機能を失ったり死んだりすることが細胞の老化であり、これによって個体の生命が維持できなくなるというもの。
 正常二倍体線維芽細胞などの増殖性細胞の分裂寿命は染色体の末端にあるテロメアが細胞分裂の度に短くなることで決められているとする、いわゆる『テロメア短縮説』も、消耗説の一つと考えられる。