ホメオスタシス説(神経内分泌説)

 体のホメオスタシス(恒常性)を保つための中枢的機能を持つ脳の視床下部、下垂体、内分泌組織に機能の低下が起こることが老化の老化の原因であるとする説。
 これらの組織の機能低下がなぜ起きるかについては特定していないが、やはり、フリーラジカルの影響や、それに伴うタンパク質の酸化修飾の蓄積などの分子レベルの老化プロセスが、背景にあることが考えられる。