免疫機能説

 免疫を司る主要な器官の一つである胸腺が老化に伴い委縮することや、末梢血のリンパ球の数や機能が低下することが老化の原因であるとする説。
 しかし、胸腺の委縮の原因や、リンパ球の数や機能が低下することの原因については特定してはいない。この更に上流の部分には、プログラム説やフリーラジカル説、擦切れ説など、分子レベルの原因があるものと思われる。